トレジャーハンター

先日の現場で「前職・トレジャーハンター」という方にお話を伺う機会があった。その名の通り、冒険をして財宝を探すお仕事らしい。世の中にはまだまだ知らない職種がたくさんある。

「トレジャーハンター」と聞くと、条件反射でファイナルファンタジー6のロックを思い浮かべてしまう。ロクセリ推しではないが、FF6のエンディング曲「蘇る緑」は、セリスのテーマ→ロックのテーマと絶妙にアレンジされていて最高だ。ノビヨ師匠の神曲のひとつ。いまだに聞いている。

感度五千

真夜中。ベッドに横になり、窓の外でしとしと降り続く雨の音を聴く。天井に魚の横顔のような影ができている。水槽に沈んだような気持ちになる。

写真に撮りたくなり傍にあったスマホを構えるが、暗すぎて一向に写らない。別のカメラに持ち替えると、かろうじて写った。

あとで設定を確認したら、ISO感度5,000、シャッタースピードは1/2秒、絞りは2.0だった。人間の目は暗がりの中でもきちんと見える。こんなに見えるのだから、もっとたくさんのものを見つけに行かねば……と思う。

右側が魚っぽい

ダンナは、家の中で服を着ていないことが多い。パンツ履いて!服を着て!と、40代半ばの人間に注意する日が来るとは思わなかった。その度に「俺、無課金ユーザーだから」などと訳のわからないことを言われる。

今日は全裸のまま肉を焼き始めた。油がはねるよ!危ないよ!と言っても聞かないので、無理矢理わたしのエプロンを被せた。裸エプロンおじさんという、まじで誰得……な存在を爆誕させてしまった。

怖い

小さい頃、祖父はなぜいつも昔の話ばかりするのだろうかと思っていた。しかし、いまはその気持ちがよくわかる。いや、わかってはいけないのかもしれないが。

年齢を重ねるごとに懐古的になる。新しいものを受け入れ難くなる。過去の記憶の中に引きこもり、新しいものを否定し、身を守る。日々新しいことに挑戦したいと強く思っているが、一方で、そんな自分の存在を感じとる瞬間がある。言い得ぬ恐怖を感じる。

この恐怖を感じなくなった日が、モノをつくる人間としての死亡記念日になるのだろう。

積極的に新しいものに触れなければと思い、前から気になっていた「kindleで摂取できる地獄」と評判の漫画を読んでみた。……え、めっちゃこわ。

たまたま

ある雑誌の対談で、昔を振り返り「自分は当時たまたま腐女子だった」旨の発言をしている箇所があるのだが、それをあとでご覧になった編集長が「腐女子って”たまたま”なるものなの!?」と大笑いしていた、という話を人づてに聞き恥ずかしくなる。そうですね、たまたまなるものじゃないですね……。

どうして腐女子になってしまったのか。中学生のとき、仲の良かった女の子がBLの同人誌を貸してくれて「こんな世界もあるのか!」と驚き、そこから目覚めたような記憶があるが25年近くも前のことなので定かではない。某剣客浪漫譚に大いにハマリ、『抜○ろまんす』なるアンソロジー本を大量に買い集め、実家の本棚の辞典の裏に隠していたがあれはどうなったのか。当時執筆されていた影○栄貴先生の作品が、線がキレイで大変好みだったが、大人になってからDA○GOさんのお姉様だったと知って驚愕。

現在のようにインターネットも普及しておらず、おたく全般が市民権を得ている時代ではなかったので、隠れキリシタンのようにひっそりと活動していたのが懐かしい。

某剣客浪漫譚に関しては、この話をするといまでも「何のカップリングが好きだったのですか?」と問われることがある。答えると必ず「え……そこ公式で絡みありましたっけ……?」と言われる。そのくらいマニアックなカプが好きだ。

人気声優さん(男性)の家に居候していたが、ある日「彼女ができたので出て行って欲しい」と言われる。そこで、ネットで物件を探し始める。高級ホテルのような素敵な家に住まわせてもらっていたので、代わりを探すのは大変だろうなと思う。都内で、5万くらいで住める場所を探すが、案の定なかなか無い。声優さんは、夜は家で学習塾を開くとのこと。ぞろぞろと生徒がやってくる。本業以外でもまだ稼ぐのかと感心する。

家を出て歩いていると、高校生のときに仲が良かった女の子にばったり出会う。その子はメイド服を着ていた。なんだかホッとした気持ちになり、一緒に駅に向かう。

突然道が細くなり、ツツジの植え込みの上を歩かなければならなくなる。枝が刺さって痛い。友達は「今日はペチコートを履いていないから困る」とぼやいていた。

道の先には池袋駅があった。なんだ、こんなに家から近かったのかと思う。ただ、看板にこそ「池袋駅」と書いてあるが、どうみてもそこは新宿駅東口だった。

……という夢をみた。激しく意味不明ではあるが、ところどころで自分の深層心理を窺い知れるような気もする。

好きな本

読書が好きだ。写真を撮る仕事をしているが、文字からイメージを得るタイプの人間なので、想像力の鍛錬という意味でも常に本に触れていたいと思っている。

自分の感覚にぴったり寄り添ってくれるような本にはなかなか出会えない。しかし「なんかおもしろそうだなー」とぬるい動機で購入した本ほど超絶ストライクだったりするので不思議だ。

先日入手した本があまりに好みで、久しぶりに「読み終わってしまうのが寂しい……」という気持ちを味わった。読了する前に検索すると、このタイトルはシリーズ化しており、どうやら4巻まで出ているらしいことを知る。マッハで「今すぐ買う」ボタンを押す。これでしばらくは読み終わらない。自ら施した延命措置にホッとする。

詳細は、某雑誌で書かせていただいている本の紹介コラムに記したい。