アラサー世代に捧ぐ

今日は久しぶりに髪を切ってもらおうと思い、かれこれ8年くらいお世話になっている美容室を訪れました。

自分が通っているところはわりとオシャレな雰囲気で、かつ、いつも今風なイケてるお兄さん(※同じ年)がついてくださるので、わたしはこの8年間、インターネットとか漫画とかゲームとかヲタクな話は封印して、毎回当たり障りのないことばかり話すようにしてきました。

しかし、本日うっかり「小さい頃の夢は漫画家だった」と喋ってしまったんですね。

ああ……しまった……漫画の話とかしちゃったよ……と後悔していたら、髪型アシンメトリーのオシャレな今風お兄さんが

「実は僕も漫画家になりたかったんです」

と言い出したのであります。





!?





しかも、

「こういう話ができる人がなかなかいなくて……。僕たまにイラストを描いたりするんですけど、よかったら見てもらえませんか」

と。

見せてもらったイラストがこちら。



えっ何この超展開。

うまくない?

そしてまさかのセーラームーン。

聞いてみたところ、彼にはお姉さんがいて、その影響で幼少期からセーラームーンが大好きなんだそうです。(ちなみに亜美ちゃん推し)


ここまできたら8年間の沈黙を破ってもよいだろうと思い、

いやー『コードネームはセーラーV』のときから読んでますし、セーラーヴィーナス一番好きだし、ていうか『るんるん』も『なかよし』も買ってましたし、いまだに落ち着きたい時はタキシード・ミラージュ聴きますし、セーラームーンはドンピシャ世代すぎていまだにアガりますね、と堰を切ったように話し出したら、お兄さんが

「大村さんに見ていただきたいものが……」

と言って、お店の奥から何かを持ってきました。





これはまさか

応募者全員大サービス

イヤーッ!懐かしのあまり何秒か息吸うの忘れてたわ。テレカだよテレカ。応募者全員大サービス、応募しまくってたわー!セーラームーングッズのほかには、レイアースのプチリュックとかセイントテールのスクールバッグとか持ってたー!

「コレ、なぜか僕の家にあって。いつかコードネームはセーラーVがお好きな方に差し上げようと思っていたんです」ということで、ありがたくも頂戴してしまいました。嬉しい。かなりレアモノなのでは……。


さらに「世代が同じなので……よかったらこれも見て欲しいです」と、お兄さんがまたお店の奥から何かを持ってくるではありませんか。

まだ何かあるのか。




持ってきたのは







し た じ き


アラサーヲタクの心をくすぐるアイテムデターッ!!!!!中学生のときに集めてた……懐かしい……。しかもセーラームーンだけじゃなくて、幽遊白書まであるじゃないですか……。わたしがかつて暗黒腐女子時代に魔法のiらんどで蔵飛小説ばかり読んでいたと知っ(ry

「世代的にお好きかと思って。僕むかしアニメイトで働いていて、そのときにたくさん買ったものなんです。これもよろしければひとつ差し上げます」と。






ア・リ・ガ・ト・ウ・ゴ・ザ・イ・ます!






↑これにした


アニメイトで働いていたのか、お兄さん。むかし死ぬほど通ってたよ。







気がつけば、わたしはセーラーVのテレカと幽遊白書の下じきを手にしたまま、帰路についていました。

この8年間の私さよならbyebye、と思うと同時に、齢34にして、取り繕わない方が良いこともある、と学びました。