TARON Chic(タロン シーク)

TARON Chic × Kodak PORTRA 400

日本カメラ博物館に展示してあった「ヤシカラピード」という縦型のハーフ判カメラを見てしまってからというもの、そのカッコよさが忘れられず、日々「ヤシカラピードが欲しい……」と思い続けていたわたくし。

某カメラ店でその旨をお伝えしたところ「ヤシカラピードは置いていませんが、似た形でもっと珍しいものがあります」と店長さんが棚からあるカメラを出してくださいました。それが……TARON Chic(タロン シーク)。

今回ブツ撮りをしていないので、ビジュアルを知りたい方は、恐れ入りますが「TARON Chic(タロン シーク)」でググってみてください。

一言でいうと

や た ら カ ッ コ イ イ

こういうのを一目惚れって言うんでしょうね。カメラ屋さんに行くときは、衝動買いを防ぐため現金をお財布に入れないようにしているのですが、この時は気付けば光の速さでATMに向かっている自分がいました。

お前この間も「一目惚れした」とか言って別のカメラ買ってたじゃないかよ、と突っ込まれそうですが……。それはそれ、これはこれ(尻軽)。

TARON Chic × Kodak PORTRA 400

数日間は自分の近くに置いて愛でていたのですが、やはり写りも気になる!ということで早速使ってみることにしました。

ハーフ判を使うのがあまりにも久しぶりすぎて、色々な決まりごとを忘れ去っており、うっかり36枚撮りフィルムを入れてしまいました。まあ、終わらないこと終わらないこと。※72枚撮れます

縦型のカメラなので、普通に構えると横位置で撮影できるのがいいですね。横位置好きにはウレシイ。

操作系は独特。ピントは目測式ですがフィート表記しかないので慣れるべし。

TARON Chic × Kodak PORTRA 400

現像してみたら……ちゃんと写ってましたー!

正直、素晴らしい描写……???んんん???という感じですが、カッコイイので許す。

TARON Chic × Kodak PORTRA 400

ただ、ときどきコマ被りをしている箇所がありました。TARON Chic特有の現象なのか、わたしのものだけなのかは不明。

今度、修理士さんに見ていただこう……。

TARON Chic × Kodak PORTRA 400

珍しいカメラと言われた通り、ネットで調べてみてもTARON Chicの情報はほとんどヒットしません。作例もしかり。ツイッターで最初に見つけた関連するつぶやきが、いつも一緒に仕事をしているクラカメ狂の担当さんが書いたものだったので笑いました。

TARON Chic × Kodak PORTRA 400


PCの画面を見ながら、突然、心の中に「わたしは世界一のTARON Chic使いになる!」という決意が芽生えました。

使いこなしてみせるっ。