Category Archives: お知らせ

【お知らせ】『赤城写真機診療所〜そんなカメラは捨てなさい〜』

2
Filed under お知らせ



2月20日に、赤城耕一先生の『赤城写真機診療所〜そんなカメラは捨てなさい〜』 (玄光社MOOK) が発売になりました。

赤城耕一先生が医師に扮し、カメラ、レンズ、写真に関する悩みや疑問について、ズバっと解決したりしなかったり……するご本です!

カメラ雑誌のレビュー記事のような、新製品の紹介や、スペックや画質比較はありません。『赤城写真機診療所』は、赤城先生のあふれるカメラ愛と、もっと写真を撮って楽しんで欲しいというシンプルな想いで構成されております。

カメラに詳しくない方でも、十分に楽しんで頂けると思います。そしてきっとライカが欲しくなると思います。どこから読んでいただいても面白いです。

ぜひご覧くださいませ。



大村は本のいたるところに登場する赤城先生&カメラおじさんのイラストを描かせていただきました。また、赤城先生のポートレートを撮影させていただきました。(あとこっそり患者としても登場しています。)病院関連のセットは細かいところまで凝っているので、そこにも注目していただけたら嬉しいです。

わたくしはデジタルカメラマガジンで『カメラおじさんをたずねて三千枚』という連載をさせていただいておりますが、それをご覧になった玄光社の方からお声かけいただきまして、この度イラストを描かせていただく運びとなりました。

もともと赤城先生の大ファンを公言しておりましたので……本当に天にも昇る気持ちです。病院スタジオでの撮影は緊張しましたが、赤城先生のお人柄に救われ、楽しく終えることができました。生きていてよかったです。ありがとうございました。





今年のお正月はこんな感じでひたすらカメラおじさんのイラストを描き続けました。おじさんおじさんおじさんおじさんおじさん……。

ちなみに、最初にサンプルで描いた赤城先生のイラストがなぜかそのまま表紙に採用されました。(手おくれです、のアレ)



内容に関してですが……

聞きたいけどいまさら聞けなかったこと、についての回答が多くて勉強になります。技術よりも精神論のお話が多いのが、個人的には嬉しかったです。赤城さんはこんなお考えをお持ちなんだなあ、みたいな。

そして、愛ある厳しさが特徴である赤城節、がほぼ全ページで炸裂していて堪りません。赤城先生ご本人も好きですが、赤城先生の文章の大ファンでもあるので、こういった「まとまった読み物」という形で先生の文章に触れられるのがありがたいです。

個人的には、p.20の熱血K-1ユーザーの話とp.137のライカビットMの話が面白すぎて、そこはもう30回くらい読みました。

「僕のことはプラナーと呼べ」「あまりの高画質に驚いて鼻血が出る」「1キロ以上のカメラは人殺し」「赤城家では家訓により、絞り環のないレンズを購入できない」「人間の姿を借りた悪魔」「ラフモノクロームで撮っても森山大道さんにはなれませんよー」などなど、今回も名言たくさんです。




本書で採用されなかった赤城先生のイラストを載せておきますね。




最後に。
新刊発売に伴い、CP+の期間中にトークショーが開催されます。
わたくしもご一緒させていただきます。

出演:赤城耕一さん、大村祐里子
日時:2月26日(日)13時より
会場:アネックスホール CP+中古カメラフェア ホワイエ特設ステージにて
http://camerafan.jp/cc.php?i=552

ヘンな格好をします。

こちらもぜひ。




またひとつ宝物が増えて嬉しいです。
赤城先生、編集さん、デザイナーさん、ご一緒させていただけて光栄です。

赤城写真機診療所 « 書籍・ムック | 玄光社
http://www.genkosha.co.jp/gmook/?p=12501

【お知らせ】フォトテクニックデジタル 2017年3月号

0
Filed under お知らせ



2月20日発売の、フォトテクニックデジタル 2017年3月号に掲載していただきました。

まず。
わたしの記事ではありませんが……。
特集「あなたの作品力をワンランクアップさせるポートレートの光の読み方・作り方」にて、師である福島裕二さんの「露出計を使いこなして光を読む目を鍛えよう」という記事が掲載されております(p36-43)。

こちら、お世辞抜きにして素晴らしく参考になるお話だと思います。永久保存版なのではないでしょうか。

いまは撮った写真が液晶ですぐ見られますし、趣味で写真をやっていたときは露出計のことなんて考えたこともありませんでした。でもプロになって痛感したのは「露出計がなければ仕事ができない」という事実でした。

刻々と変わる自然光+ストロボで撮る宣材のお仕事なんて、露出計がなければアウトです。なぜなら別々の時間に撮影した被写体の顔、背景、すべてのバランスはどの時間帯に撮ったものも均一でなければならないからです。もっと言うとカラーメーターも必要なのですがその話はここでは割愛します。

フィルム時代からきっちり修行しているカメラマンは「写真は科学」「光はバランス」とよく知っています。わたしも福島さんに出会って、露出のことを教えていただいて、光を感覚で掴むだけじゃなくて、数値でも掴もうと思うようになりました。数値で掴めないと、プロの仕事である「再現」ができないと知ったので……。

被写体のうしろに明るい窓がある場合、昔は漠然と「うしろ白トビしちゃうかな〜?」なんて思ってましたが、露出計を使うようになってからは「被写体の前面と背景の露出の差は2段か。ならば白とびしないな」などと考えるようになりました。

露出計が使えるようになったからといって写真が「絵的」に上手になるわけではありません。でも、きっと、写真が変わります。

「光の質」の話は、「露出」の話のあとに考えることです。本当は露出を勉強したあとにストロボのアクセサリーとかを勉強するべきなんですよね(と今になって思う)。

ちょっとお値段はしますが、記事の中で使っているセコニックさんのスピードマスターL-858Dは持っていて損はないと思います。






連載「大村祐里子の 身近なものの撮り方辞典」(p.122-123)は第3回目。お題は「鳥」です。鳥というか鳥のいる情景というか(笑)

よろしければご覧ください。

フォトテクニックデジタル2017年3月号
http://www.genkosha.co.jp/pd/

【お知らせ】デジタルカメラマガジン 2017年3月号

0
Filed under お知らせ



2月20日発売の、デジタルカメラマガジン 2017年3月号に掲載していただきました。

連載「カメラおじさんをたずねて三千枚」は第9回!
「飛行機おじさん」です!

今回は、Facebookで以前からお写真を拝見していた、成羽田 葉さんにお話を伺いました。
飛行機おじさんは業界的に「飛行中年」と呼ばれているそうです(笑)

Flightradar24.comやFlyTeamなど、飛行機おじさん御用達のサイトを見せていただいたりして、大変勉強になりました。

最近はロケのため成田から飛行機に乗ることが多いので、空港へ行った際はB787の翼のしなり方に注目してみたいと思いました。

成羽田さんはとても綺麗な飛行機のお写真を撮影される方です。Foton Aircraft Photo Storiesというグループに参加なさっていて、そこから写真集も出されています。そちらもぜひご覧ください。

成羽田 葉さんのKindle写真集はこちらからどうぞ!

成羽田 葉さん、ありがとうございました。

デジタルカメラマガジン 2017年3月号
https://ganref.jp/webroot/dcm/mag/17_03/

【お知らせ】『愛を振り込む』

4
Filed under お知らせ



2月7日発売の、蛭田亜紗子さんの『愛を振り込む』(文庫版)の表紙に写真を使っていただきました。

幻冬舎文庫より税込583円です。解説は窪美澄さん。

小説の表紙に写真を使っていただいたことは何度かあるのですが、文庫版の表紙にしていただいたのは初めてです。またひとつ宝物が増えました。嬉しい。

『愛を振り込む』は、現状に焦りやもどかしさを抱える6人の女性の生々しい性愛の呪縛と一瞬の煌めきを描いた恋愛小説(公式ページより)です。6話はすべて登場人物も設定も異なるので、まったく関係のない話なのかな?と思いきや……読み進めるうちに、ああ、やられた! と唸ってしまいました。第6話の『愛を振り込む』は圧巻です。オンナの、人間の、凄みを感じて震えました。

タイトルから「男にお金を貢いで破滅する不幸な女の話なんでしょ?」と推測する方も多そうですが、この小説のテーマはそんな薄っぺらいことではありません。わたしは、 お金というのは、愛を「可視化」にしたものだと思うんです。お年玉だったり、養育費だったり、セックスの対価だったり……。『愛を振り込む』のテーマは、その「愛の可視化」なんじゃないかな、と。

この小説のお話を最初にいただいたとき、タイトルを拝見して「あ、これわたしのことかな?」と思ったんです。

わたしは好きな人にどんどんお金をあげてしまうタイプです。ごはんも奢るし、テレビが欲しいと言われればテレビを買ってあげるし、おばあちゃんの老人ホーム代を出して欲しいと言われれば出します。

ただそれには理由があります。

好きな人に必ずといっていいほど言われるのが「君は何を考えているのかわからない」「本当に俺のこと好きなの?」なんです。

わたしは相手のことが心から好きなんですけど、それがいつもいつもうまく伝わらないんです。言葉や態度で示そうとはしているんですけど、どうもうまくいきません。どういうわけか「クールな女だね」と思われてしまうんです。本当に不器用すぎて消えたくなります。

そういうとき「わたしの好き度は100キロくらいあるの!」とか、明確な単位をつけて伝えられたらどんなにいいだろうと思います。

そんな自分の気持ちを伝えるひとつの手段として、最後に残ったのは「お金」だったんです。「あなたに○○○○円出せるくらい好き」と、単位をつけて伝えられるから……。わたしにとってお金はまさに「愛の可視化」なんです。

このことを友達に話したりすると「えーそんなのやめなよー」と言われたりしますが、わたしは別に自分を不幸だと思ったことは一度もないし、わりと幸せです。きっとこれからも、愛を振り込みながら生きていくんだろうなと思います。



本日から全国の書店に並んでいると思いますので、見かけたらお手にとっていただけると幸いです。

愛を振り込む | 株式会社 幻冬舎
http://www.gentosha.co.jp/book/b10651.html

【お知らせ】デジタルカメラマガジン 2017年2月号

0
Filed under お知らせ



1月20日発売の、デジタルカメラマガジン 2017年2月号に掲載していただきました。

【特集1】「いまさら人には聞けない写真の疑問101」にて「069 ふんわりと優しいイメージのハイキーな写真が撮りたい!」(p.66)という記事を書かせていただきました。

また、連載「カメラおじさんをたずねて三千枚」は第8回!「カメラバックおじさん」です!

真のカメラバックおじさんはプロの中にいる……!
プロだからこそカメラバックおじさんになれる……!
今回は、照明機材のオーソリティ「玉ちゃん」こと玉内公一先生にお話をお伺いしました。
ある方から「玉内先生はカメラバックをたくさんお持ちである」という情報を得まして、取材を申し込ませていただきました。よくお引き受けくださったなあと……。ありがたや……。

ご自宅にお邪魔してお夕飯を頂いた挙句に、ためになるお話をたくさん聞かせていただきました。こんなカメラバックもあるんだあと、新しい発見がたくさんありました。

玉内先生の優しさに涙。先生ありがとうございました。

よろしければご覧ください。

デジタルカメラマガジン 2017年2月号
https://ganref.jp/webroot/dcm/mag/17_02/