【廃墟探索】恐怖の廃病院編




久しぶりに廃墟探索の記事を書かせて頂こうと思います。

この半年間、さまざまな廃墟を探索してまいりましたが、いまだに未体験な物件がひとつ。それは廃病院です。危ない機材等が多いからでしょうか、廃病院はとにかくすぐに解体されてしまうため、なかなか出会う事が出来ずにいたのです。

しかし、私はようやく完全な形で残っている廃病院を見つけました。
北海道で…(遠)

場所が場所だけに一緒に来てくれる人は誰もおらず、あのとき以来のまさかの一人廃墟探索となりました。私はお化け屋敷に一人で入れるような人間ですが、この半年間の廃墟探索において、廃墟の住人に遭遇事件、転倒して負傷事件、服ズタボロ事件など、わりと尿漏れしそうな事件に遭遇し続けて来たため、さすがに「ひとりは怖いわー」と思ったのですけどね…。

そんな私の今一番欲しいものは、私を車で廃墟まで連れて行ってくれて、用心棒になってくれて、三脚とか荷物を持ってくれて、時々写真にも写ってくれる、そんな都合の良い男子でーす☆(いねーよ)

* * * * *

まず偵察で建物をぐるりと一周してみたのですが、この廃病院、入れる場所がありません。正面のドアは固く閉ざされているし、裏口のドアなども全て施錠されていて入れず。

「さて、どうしたものか」と思ったとき、少し高い所にある窓のガラスが割れているのを発見しました。

よし、あそこから入ろう…

そう決めた私は、近くにあった廃材で足場を作り、その窓の中へえいっと飛び込みました。
しかし、バランスを崩し



ギャグか。

という感じで無事に中へ(痛かった)



内部ですが、とにかく

シーーーーーーーーーーーン

としていました。こんなに静かな廃墟は初めて…。

一人で廃墟に来ると、自分の歩く音と息づかいがやたら大きく聞こえます。未知の光景への期待と、急に誰かが飛び出してくるのではないかという恐怖が入り交じった、この最高で最悪な感覚。本当に生と死の狭間に居る感じ。私はこの感覚が忘れられなくて、危険とわかっていても一人で廃墟に来てしまうのかもしれない、と思いました。



包帯留めるやつ?かしら。
錆びていて気持ち悪くて良い感じ…。
病院ぽい。



階段。



探索を始めて数十分が経った頃でしょうか。
私はひとつの異変に気付きました。

なんか 音が する



私はまるで霊感の無い人間なのですが…この時は明らかに「遠くで女の人が鼻唄を歌っているような声」が聞こえたのです。

…ふん
…ふーん♪

みたいな。

絵のせいでこの時の緊張感が全く伝わらないのですが、ひいいいいいいいいいい遂に聞いちゃったあああああああああああ幽霊の声だぎゃあああああああああああああああ〜!!!!!と内心超パニックになりました。



↑私の心の中。

※いまさらですが、今回は長尾謙一郎さん風の絵でお送りしております。



しかし、そんなことで探索をやめるわけにはいきません。
激しい動悸を必死に抑えながら、再び探索開始。

女の人の鼻唄は、まだ時々聞こえてくる…。



ああ、私の大好きなおトイレ。



ベッドの足?



「レントゲン室」って書いてありました。



さて。

一通り探索が終わったので、出入り口である割れた窓の部屋へ戻ることにしました。

途中、天井の高い広いスペースに出たのですが、
そこで急に、例の女の人の声が大きく聞こえるようになりました…


…ふん
…ふーん♪



もしやここに霊が…





と思った瞬間

バサバサバサッと大きな音を立てて、黒い物体が目の前に…!




































鳩だった。






結論を言うと、声の主も鳩でした。遠くから聞くと鳩の声って女の人の声みたいに聞こえるのですね…。知らなかったです…。鳩一匹にあんなに怯えていた自分って一体…。

ていうか鳩なんでこんなところにいるんだ。
そして相変わらず鳩に狂わされる私の人生よ…
フフ…ウフフ…

そんなことを思いながら、初の一人廃病院探索は終了したのでした。


* * * * *


通販始まりました!
http://www.toranoana.jp/mailorder/article/04/0030/06/35/040030063505.html

「【廃墟探索】恐怖の廃病院編」への32件のフィードバック

  1. ゆり茶さん、勢いで買っちゃいました!
    待ち望んでいた写真集の通販、とってもありがたいです。
    写真集というものを買ったのは、パイレーツの「DATUKNOW」(1998年)以来の出来事です…。
    ゆり茶さんの過去の作品も買えるようになればと願っておりますが、まずは今回発売の写真集を楽しみにさせていただきます!

  2. おはようございます!
    病院なんて怖いとこよく一人で行けましたね。
    声なんて聞こえた瞬間、間違いなく、そのまま逃げ出してしまうと思います。。鳩でよかったです。。ホント(笑)

  3. ・・・度胸ありますね。僕も昔っから廃墟探索してみたいのですが、つかまるのが怖く、あまりいい場所も知らず、それにアメリカだから日本と違ってもしつかまったり、すでに誰かがいたら拳銃持っている可能性も高い・・・う~~~・・・もし僕がゆり茶さんと一緒に北海道にいたら一緒に行っています!銃で撃たれる可能性が少ないし・・・^^; 

    イラストも面白い(?)けど写真はいつも通りすごい!あの影の深さがすごくすきです(日本語がおかしいかな・・・)。影の部分をついついジ~~~っと見てしまいます・・・なんだか何かが出てくるんじゃないかと思わされます。でも・・・気をつけてくださいね!!あんなところで転んで傷ついたらたいへんですよ!!(でも結果は良いので頑張ってください)

  4. ぽっぽっぽ~~~^(~0~)

    さすがゆり茶さん、廃墟に一人で入ってくというつわものの割りに鳩にはかなりおっかなびっくりですね(>__<")

  5. ワタクシは札幌在住なのですが・・・
    こういう廃院とか・・・無理です。絶対orz

    普通の建物の廃墟でも、独りでは無理ですなぁ・・・
    いやほんと車で同行とかもキツいかも知れません(´Д`。)

  6. 初めまして…町田の個展に一度見に行きました♪
    …もう怖すぎて怖すぎて….包帯留めるやつ?本当に不気味すぎです…オーノー…。ああ夏なのに寒くなったわ汗

  7. 鳩だと知った瞬間の顔、物凄くよく描けてると思います(笑)
    廃墟は光と影が本当に絵になりますね…。

    >私を車で廃墟まで連れて行ってくれて、用心棒になってくれて、三脚とか荷物を持ってくれて、時々写真にも写ってくれる、そんな都合の良い男子
    あ!私!立候h…用心棒無理です。すみません。

    廃隧道探索している方のページを最近読んだのですが、あれはヤバいです。読んでるだけでチビります。もしそういう分野に発展する事があったとしたら、入り口だけにしておいて下さい。マジで。

  8. 初めまして。
    写ガールでお写真拝見し、ブログも読ませていただきました。
    写真、ブログ内容ともにとても面白い内容で、これからも素敵な写真、ブログを楽しみにしております。

  9. >>TTTさん
    ご購入ありがとうございます!!嬉しいです!
    最初の写真集がこういう感じですみません…(笑)
    今までの写真集も世に出せるよう、頑張って行きたいと思います!

  10. >>masha♪さん
    こんにちは♪
    私は、こういう場所に不思議と一人で行けてしまうのです。なぜなんでしょうね…(笑)
    でも本当に鳩で良かったです^^;

  11. >>Timさん
    ありがとうございます。
    昔から度胸くらいしかいいところが無い私です(笑)
    アメリカの廃墟は危険すぎますね。本当に撃たれてしまったら大変です!
    いつか日本でご一緒してください。

    廃墟の写真、そのように仰って頂けて嬉しいです。
    この半年撮り溜めた分が大量にあるので(写真集には収録されているのですが)ブログにもちょっとずつ出して行こうと思います♪

  12. >>lepinさん
    こんにちは☆

    ありがとうございます!
    私は逆に一人で行きたくなってしまいます(笑)
    危ないのでよくないとは思っているのですけれど…^^;

  13. >>nakkyさん
    ここは札幌から車で二時間くらい行った場所にあります。ウフフ。

    いやあ、廃墟なんてできれば行かない方がいいです。
    こんな私が言うのもなんですが、本当にそう思います^^;

  14. >>keicoさん
    はじめまして!
    個展を観に来て下さったのですね、ありがとうございます!!

    包帯留めるやつ、気持ち悪いですよね。
    現場ではもっと邪悪な雰囲気が漂っていて…思わず撮ってしまいました(笑)
    ぞわっとさせてしまってごめんなさい。。。

  15. >>ほくろさん
    はじめまして!
    このようなブログを見て下さって本当にありがとうございます。

    今年の春、一度大阪の廃墟に行きました。
    またそちらへ行く機会がありましたら、その時はぜひ〜♪

  16. >>SDさん
    ありがとうございます。
    廃墟なんだかイラストなんだかよくわからない記事になってしまいました(笑)

    用心棒さんは常に募集中です〜☆
    いまだに誰も立候補して下さいません。

    廃隧道探索系のジャンルはすごいですよね…。
    本当に危ない場所ばかり!一歩間違うと完全に死んじゃいますよね…。
    私もほどほどにしたいと思います…^^;

  17. >>masahiroKさん
    はじめまして!
    写ガールからこのようなブログへお越し下さいまして、本当にありがとうございます!そしてコメントを頂けて嬉しいです。
    今後ともどうぞ宜しくお願い致します^^

  18. よくこんな怖いとこいけるなー。
    さすがゆり茶。笑

    僕もグロいのは大好きなんだが
    こういう怖さはどうだろう。。。
    1人で行けっていわれたら無理かも。。

  19. >>くじらさん
    霊感ゼロ人間なので、意外と平気なのです(笑)

    最初は怖いと思いますが、慣れれば行けますよ!きっと!

  20. >私を車で廃墟まで連れて行ってくれて、用心棒になってくれて、三脚とか荷物を持ってくれて、時々写真にも写ってくれる、そんな都合の良い男子

    あー北陸だったらOKだったのになー(安堵感)
    残念だなー(震え声)
    北陸御用の時は是非(社交辞令)

  21. >>びはくんさん
    北陸廃墟のときはぜひぜひよろしくお願いいたします(本気)

  22. はじめましてY市にある整形外科廃病院ですね。私は今年で70件程道内の廃墟散策をしてきましたが去年はここの廃病院は4回程撮影の為友人と訪れました…深夜にも訪れましたが霊感体質の為昼間にも関わらずここは一人で訪れる事は避けております…なぜなら悪霊というものがいらっしゃるようなのでかなり身体に害をもたらした事が原因です…道内で残されている廃病院は数少ないですがここはかなりたちが悪い事だけが心残りです。写真としてはイイ絵撮れ運ですけどね(笑)

  23. >>syou(*・∀-)bさま
    はじめまして。
    そうだったのですね!
    お話をお伺いして、霊感がゼロで良かったなと思いました……。
    いまでもまだあるのでしょうか?懐かしいです。

  24. 廃墟探索隊ですか?
    奇遇です。私も廃墟を探索するのが好きでよく友達2人と廃墟や心霊スポットに行ってました。
    廃墟って結構危ないので気を付けた方がいいですよ(>_<)
    私は以前、廃墟でずっこけて黒い鉄材が靴を貫通して爪にささったことがあるので(^_^;)
    以来、廃墟にいく格好は長靴でつなぎです笑
    廃墟探索は楽しいですよね!
    たまに幽霊でますし笑
    安全に楽しく廃墟をエンジョイしちゃいましょう!笑

  25. >>デデンネさま
    コメントありがとうございます。
    昔よく探索をしておりました。
    探索の際は完全装備でした〜!
    防塵マスクもしていたり(笑)
    どうぞお気をつけて!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。