アウラ舎さん

Rolleiflex 2.8F Xenotar × Kodak PORTRA 400
少し前に、押上にある「寫眞喫茶 アウラ舎」さんにお邪魔しました。

アウラ舎さんは、2階が貸し暗室、1階がギャラリー兼喫茶店。お友達が1階で展示をしていたので拝見しに伺いました。

店内にはクラシックカメラやフィルム、カメラ関連の書籍、可愛くてレトロな雑貨がたくさんあって……素敵すぎて膝から崩れ落ちそうになりました。

Rolleiflex 2.8F Xenotar × Kodak PORTRA 400
展示を鑑賞するもよし、飲み物をいただきながら席で写真集を開くのもよし、店内の雑貨を愛でるもよし……さまざまな楽しみ方ができそうだなと思いました。いつか2階の暗室にもお邪魔してみたい欲がムクムク。

Rolleiflex 2.8F Xenotar × Kodak PORTRA 400
フィルムカメラを持った若い方が次々といらっしゃって驚きました。次世代のカメラっ子たちはここにいるんだ……!(こういうことを考える時点でBBA感)

Rolleiflex 2.8F Xenotar × Kodak PORTRA 400
わたしはこの日Rolleiflexを持って行ったのですが……お隣に座られた女性が「それ、Rolleiflexですか?」と話しかけてくださったのです。そこからしばし、カメラトーク。

とっても嬉しかったです。はりきってRolleiflexを持って行ってヨカッタ。

Rolleiflex 2.8F Xenotar × Kodak PORTRA 400


Rolleiflex 2.8F Xenotar × Kodak PORTRA 400
最後、小説家の柊サナカ先生にもお会いできました!

Rolleiflex 2.8F Xenotar × Kodak PORTRA 400
サナカ先生は『谷中レトロカメラ店の謎日和』という小説を執筆なさっています。過去にこのブログでも勝手に先生の作品をご紹介させていただきました。(記事はこちらです「谷中レトロカメラ店の謎日和」

Rolleiflex 2.8F Xenotar × Kodak PORTRA 400
サナカ先生と、店主さまのCONTAX Tをパシャリ。

写真とカメラのある時間が、一番幸せです。