Category Archives: T-MAX 100

悩み

10
Filed under Rolleiflex, self_development, T-MAX 100



人生で、最も多く人から言われた言葉は

「悩み、なさそうだよね」

かもしれない…

夏を振り返りつつ、この先のことを。

32
Filed under Ektar100, ILFORD DELTA 3200, Kodak PORTRA 800, Rolleiflex, Rolleiflex SL66E, self_development, T-MAX 100



気が付いたら9月でした。

この夏は(写真的な意味で)本当にいろいろなことがありました。
今回はそんな夏を淡々と振り返りつつ、この先のことも少し書いてみたいと思います。

最近こまめにブログを更新することができず、書きたい事がたまってしまうので一回一回の記事が長文になってしまいがちです。そして今回も長いです。ごめんなさい。



夏のはじめに、写ガールのロケで秋田に連れて行ってもらいました。
ロケで遠くへ行けてとても嬉しかったです。そんな日が来るとは思っていなかったので…。
ちなみにこのロケでは「体を張る」ことを覚えました。

9/20発売の写ガール9月号では岐阜県へロケに行った様子が掲載される予定です。
よろしければご覧下さい。



女の子をラブホテルのプールに沈めるという撮影もしました。
この撮影では「撮影の準備をすること」「イメージ通りのものを作り出すこと」の難しさと、協力してくださる方のありがたさを知りました。



この流れで、先日、相沢沙呼先生のデビュー作『午前零時のサンドリヨン』をイメージした写真の撮影もいたしました。たくさんの方にご協力頂き、相沢先生総監督の下、主人公である酉乃初ちゃんの再現度にかなりこだわって撮影をしました。こちらは、写ガール9月号の私の連載ページに掲載予定です。よろしければご覧下さい!



コスプレ写真も撮りました。
こんなに不安になった撮影もなかったけど、頑張っているなーさん(モデルさん)の姿とサークル主さんの温かい励ましによってなんとか乗り切れました。終わったあとは、だいぶ自分の世界が広がったように思います。



また、コミケに参加できたことは大きな収穫でした。
会場で売られている写真たちのクオリティの高さに衝撃を受けました。私の三年間ってなんだったの?と思うくらい。そしてごちゃごちゃと悩んでいた自分、ちっちぇーなとも思いました。写真を専門でやっているわけでは無い人が、こんなにすごいものを!やはり、良いもの・面白いものを作る原動力は「好き」という気持ちなのだなと強く思いました。



そして、名古屋で写真展がありました。
夏はほとんどこの準備で終わった気がします。写真集も新たに作れたし、この半年間の総まとめが出来た感じで、やって良かったと思っています。また、東海地方に家族のような友達ができたことが嬉しかったです(↑ほしくん↓あるさん)



年内、写真展はもうやらない予定でしたが、秋も一つ公募展に参加させて頂く事になりました。ゲストフォトグラファーだなんてたいそうなことになっておりますが…。精一杯頑張ります。宜しければ遊びにいらして下さい!

一年ぶりにSIGHT BOX Galleryさんにお世話になります。去年11月に個展をさせて頂いた後、だいぶ落ち込んで「もう写真やめたい」と考えたりもしましたが、やめないで続けたら(今年になって桐木先生に出会い)こんな未来が待っていました。去年だったら実現不可能だったことが、今年になって実現可能になった、そんな事実が少しだけ嬉しいです。

************

グループ写真展『東京シャッターガール』

■展示会期
2012年10月23日(火)~11月4日(日)
桐木先生ご出席のトークイベントは、10月27日(土)18時より開催します。

■会場
SIGHT BOX Gallery
東京都町田市中町3-5-6 1F
042-720-2305

************



かわゆい女の子の撮影もさせて頂いたり。

ただ、可愛い女の子を撮り続ける事の危険性も感じています。可愛い子は、本当にそこにいるだけで絵になるから。背景とかあまり考えないでも良くなっちゃうから。恐ろしいほどの被写体パワー。そんなパワーに頼りすぎた結果、ちょっとずつ、自分の中の大切なものが麻痺して、徐々に死んで行くような感覚に襲われている今日この頃です。正直なところ「自分はどんどん写真が下手になっている」という気がしています。

私は本当に未熟者です。今はまだバランスがうまくとれません。
でもそのあたりをうまく消化できるようになったら、また別のものが見えるようになるのかな、と思っているので女の子は撮り続けたいです。

足りなすぎるんです、経験値が…。
精進せい、ゆり茶…。



新しい出会いもありました。
紅波柚香さん。女優さんです。
舞台女優や声優さんとしても活躍されているとのことで、様々なジャンルのお話が聞けて楽しかったです。



この日は50カ所くらい蚊に刺されました。



今年の夏は外での撮影が多かったので、だいぶ日に焼けました。



一方で、廃墟の撮影も継続。



階段が好きです。



でもおトイレはもっと好きです。



うしろにいるのは男子です。



不思議なもので、人を撮れば撮る程、汚いものやグロいものを無性に撮りたくなるのです。そうすることによって、私は自分の精神のバランスを保っているのだと思います。とりあえずリカちゃんのママには超謝りました。ごめんよう。



今年の夏は、いつも会っているお友達に全然会えなくて、なんだか孤独な戦いを続けているような気分でもありました。秋冬シーズンはもうちょっと会いたいな。

この先も、協力して下さる方々に感謝しつつ、新しいことにいろいろと挑戦したいと思います。
ひとつずつ、確実に。
そして何より大切なのは継続すること。

長くなってごめんなさい。読んで下さってありがとうございます。

LOVE KEIBA

20
Filed under MAMIYA C330, self_development, T-MAX 100




競馬が好きです。

これは私の暗黒歴史のひとつ(後述)なので、今まで競馬好きであると公言しないようにしてきましたが、最近色々と吹っ切れて「もういいやカミングアウトしちまえ!!」という気分になったので書きます。ちょうどお馬さんの写真もあることですし。

私が競馬に大ハマリしていたのは、20代前半の頃です。
年代でいうと2004年〜2007年のあたり。丁度ディープインパクトが活躍していた時期。

ハマったきっかけは至極単純で「当時付き合っていた彼氏が競馬好きだったから」です。彼はサイレンススズカをこよなく愛するオトコでした(今のダンナではない)。私はとにかく付き合っている男の影響をモロに受けるわかりやすいタイプです。それに、もともとギャンブルの類が大好きな家で育ったので、競馬にのめり込むまで時間はかかりませんでした。

競馬の魅力は、ギャンブル性ではなく馬と人が織りなすドラマにあると思うのです。そこが好きでハマりました。競馬には、勝ち負けを超えて人の心の根本を揺さぶる何かがあるんじゃないかと思っとります。

思えばあの時は、現在写真に対して傾けている情熱を全て競馬に注いでいた感じがします。
こんなことやってました。

  • Gallop(競馬雑誌)を定期購読していた。
  • 渋谷のWINSに通いつめ、モニタに向かって「よ〜し、差せ!差せ!」等と叫んでいるオジサマ方に紛れていた。
  • 渋谷WINSに通いすぎた結果、馬券売り場前の居酒屋のおじちゃんに「お嬢ちゃん!また来週な!」と声をかけられるようになった。
  • 最終的にはPAT会員だった
  • 携帯にはディープインパクトのストラップをつけていた。
  • 着信音は中山G1競走ファンファーレ(すぎやまこういち作曲)だった。
  • 競馬ブログを書いていた。(実はパチンコのブログを書いていた事もある)
そしてこれで「女子大生」という身分だったというのだからビビる。何やってんだ。

あ、私の好きな馬はスイープトウショウです。
2005年の宝塚記念は凄かったです。牝馬が強い牡馬たちを蹴散らして行く姿は圧巻でした…。あのときは感動して「私も生まれ変わったらスイープトウショウのような強い馬になりたい」と心の底から思いました。ただ、私が馬になったら、ビビりなのでシャドーロールを装着される気がします。ナリタブライアン!!(←言いたいだけ)

そうそう、先日の北海道旅行では、日高〜新冠のあたりにも行ったのです。この辺は有名な馬の産地なので、サラブレッドがたくさん居ます。写真に写っているのは某牧場にいた仔馬です。私は「この子も将来G1で勝ったりするのかなあ…」等と考えて一人胸を熱くしていました。


* * * * *


そんな私が競馬の件を「暗黒歴史のひとつ」とする理由ですが、競馬にハマりすぎてお金を使いすぎた結果、破産寸前になったためです。「お金ないの〜♥」などと言う可愛いレベルではなく、弁護士とか出て来ちゃう深刻なレベルの話。あ、結局破産はしなくてすみましたのでご安心下さい。

そんなわけで、お金を使いすぎる危険があるため、私は現在ダンナに競馬やパチンコなどギャンブルの類を一切禁止されています。今の自分にできるのは、遠くから指をくわえてお馬さんを眺める事くらいです。

ガーリーもくそもなくてすいません。そう私はダメ女。テヘ★

続・ダンナの趣味

20
Filed under Rolleiflex, self_development, T-MAX 100




ある日、ダンナの部屋を掃除しようとしたときのこと。
机の引き出しの中に白い紙切れのようなものが大量に散らばっているのを発見しました。
よく見ると、それはたくさんの無地のハガキでした。

はが…き…?

ハガキはざっと50枚くらいあったように思います。
無地のハガキをこんなにたくさん集めて、何をする気だったんだろう?
ダンナは誰かに好んで手紙を書くようなタイプではないため、不思議に思いました。

あまりにハガキがバラバラのまま引き出しにしまわれていたので、「とりあえず1つにまとめておくか」と思いハガキをかき集めようとしたそのとき、文字が書いてあるハガキが数枚紛れていることに気が付きました。

その数枚のハガキには、いずれも、数行程度のおもしろおかしい文章と
「東京都・○○○」
の文字が書きこんでありました。

そこで私はピンときたわけです。
この人、もしかして…何かにネタハガキを投稿してるんじゃ…と。


* * * * *


夜、ダンナが仕事から帰って来た瞬間に、ねえこれ何なの、何かにハガキを出してるの?と聞いてみました。するとダンナはこう答えました。

「うん…実は俺、ハガキ職人なんだ…」

と。



はが…き…しょく…にん…?




よく聞いてみると、ダンナは「ナインティナインのオールナイトニッポン(以下ANN)」というラジオ番組にかなり前からネタハガキを投稿しているとのこと。ナイナイのANNは投稿ネタのクオリティの高さが有名なんだよ、とダンナが誇らしげに申しておりました。そして、その中で何度もハガキを読まれるような人のことを「ハガキ職人」と言うのだそうです(わりと名誉ある称号らしい)。

この番組ではハガキが読まれるたびに色々なグッズが貰えるそうで、ダンナは今までに獲得したそんなグッズを得意げに見せてくれました。どりちん、オカム、インパクトコンパクト、ナイナイバッジなどがありました。(※グッズについては詳細を明かしてはいけないらしいので、グッズの写真は不掲載とさせていただきます…)ていうかこれだけグッズがあるってことは…どんだけハガキ出してるんですかアンタ。

ナイナイのANNは私も何回か聞いた事がありますが、お下劣で面白かったです。でもまさかその番組に自分の夫がハガキを投稿していたなんて…!!!同居歴5年弱なのに全く気付かなかった…!!灯台下暗すぎる…!!(白目を剥きながら)


一通りダンナからの話を聞いた後、突然悲しくなって「ハガキ職人かつ妖怪研究が趣味の夫なんてえええぇええ…!暗い…!暗すぎるううう!友達に言えないよおおお!!!うわあああああん!!」と私が叫びだすと、「うるさーい!!15年近く船木和喜スクラップブック作ってるお前に言われたくないわー!!!」と言い返され、もれなく「どちらがより暗いか論争」が勃発する運びとなりました…


* * * * *


ダンナは、番組を録音して通勤中ずっと聞いているらしいです。またニコニコ動画でもANNの録音が聞けるので、自分のネタが読まれた動画を見て、「面白い」「読まれていいなー」などのコメントが右から左へ流れる様子をニヤニヤしながら眺めるのが習慣なのだそうです。ヒィッ!ちなみに彼はニコ動プレミアム会員である私のアカウントを使って勝手に視聴しているので、私の視聴履歴はいつもナイナイのANN動画ばかりです…。


私はどうやらとんでもない人と結婚してしまったようです…
※ダンナもたぶんそう思ってますけどね

そのうち「俺は放送作家になるんだァァ!!」などと言い出す気がして、今からヒヤヒヤしています。



我が家のトイレにある雑誌棚。
面白いので私もほとんど読んじゃった(用を足すついでに)

与論島

60
Filed under Ektar100, NEW PORTRA 400, Rolleiflex, T-MAX 100



ちょっと前に、与論島へ旅行してきました。
中学から大学までずっと一緒だった親友と、4泊5日のアラサー二人旅。
与論島は沖縄のちょっと上にある島です。鹿児島県なのですけども。



着いてすぐに海へ特攻する友人。

この人はとにかく元気で、よく食べ、よく動く!
最終日まで、そんなアクティブガールを三度の飯より家が好きな貧弱モヤシ(私)がRolleiflexを持って追いかけるという構図でした。



アクティブガールと一緒だったお陰で、気温35度という灼熱地獄の中、電動自転車で島を一周(島の周囲は約20キロらしい)をしたり、シーカヤックの後シュノーケリングをして、その後BBQをするなど、「まさか私…リア充…!?」と思わず勘違いしてしまいそうな日々を過ごすことが出来ました。



しかしまあ、島の方々の温かいこと温かいこと!
もはや親切というレベルでは無く、私たちを「家族」と思って接して下さっているような感じでした。道ですれ違った地元の中学生の男の子も皆「こんにちは!」と笑顔で挨拶してくれたり。ありがたやありがたや。



海が綺麗だったのは言うまでもないですが、個人的には雲のモクモクっぷりが凄いなと思いました。こんな雲を見たのは美瑛(北海道)以来!私が毎日毎日(池上彰氏の口調で)「いい雲ですねえ〜」と言っていたら、最後は友人までもが「ゆり茶がやたら雲のことばっかり言うから、私も雲を気にするようになっちゃったよ…」と言うようになりました。



夏休みシーズン前だったこともあるでしょうが、海にはほとんど人がおらず。
島にあるいろいろな浜に行きましたが、どこもほぼ貸し切り状態でした。贅・沢!



与論島には、「百合が浜」という大潮のときにだけ出現する浜があります。
今回は友人が百合が浜出現と重なる日程で旅行を企画してくれたので、私たちも百合が浜に上陸することができました。

百合が浜は、船で沖合に15分くらい行ったところにあります。
360度、ぜんぶ海!壮観!
このモノクロ写真は百合が浜で撮ったのですが…これだとなんだかわからないですね…ごめんなさい…。



こんな、一生に一度あるか無いかの旅行に誘ってくれた友人、ありがとう。
そして、読者の方のどなたかが「与論島行ってみたいなあ」と思って下さったら嬉しいです。いいところなので、ぜひ。