Category Archives: PENTAX 645

ただしカメラは尻から入る

34
Filed under Kodak PORTRA 800, PENTAX 645

img150

※今日の記事は全体的に汚いのでご注意下さい。

わたしは昨年9月に上行結腸憩室炎という大腸の病気で入院しました。そのとき「炎症がおさまったら、念のため大腸内視鏡検査をやりましょう」とお医者様に言われました。そして本日!その大腸内視鏡検査なるものを体験してきましたので、まったく需要がないと知りながらもその様子を書き残したいと思います。

ちなみに、大腸内視鏡検査とは…
一言でいうと、尻から小型カメラを入れて腸の中をみる検査です。
いやな予感しかしない。


<検査前日>

写真

検査に支障をきたさないよう、消化のよいものしか食べられません。病院からもらった検査用の食事のわびしさは尋常じゃない。食事というか、飲み物だし。空腹だった。あと、お風呂にはいったとき、念のためシリ毛を処理しました。要求されてないけど一応。おとなの配慮。


<検査当日・朝>

写真 (1)

腸の中をすっからかんにするため、朝8時から2時間かけて「下剤を2リットル飲む」というイベントが待っています。わたしは普段ほとんど水を飲まない人間なので、大変につらかったです。しかも途中で、この下剤の味が「精子の味に激似である」ということに気が付いてしまい、余計に飲むのがつらくなりました。害はなさそうなんだけど妙にぬるくてオエッとなる感じが似ていると思いました。すいません。

下剤を飲み始めて1時間半くらいした頃、急激に便意が襲ってきました。その後は出るわ出るわ。「クスリってすごい…」と感激しました。最後の方は水的なものが勢い良く出すぎるので「わたし、いま、蛇口みたい!」と不覚にもウキウキしてしまいました。

下剤イベントを体験してみて、身体の中のものをすべて出し切るという感覚は悪くない、むしろ気持ちがいい、と思いました。いままで浣腸モノのAVに出演する人はどういう気持ちなんだろうと思っていましたが、今回その理由が少しわかりました。人はこうやって少しずつスカトロ道へ進んで行くのかしら…。

kusomiso01


<検査本番>

便意がおさまったころ、病院へ。尻のところに穴があいた紙パンツに履き替え、いよいよ検査開始です。わたしはどうしてもモニタに写る自分の腸をリアルタイムで見たかったので「眠らせないでください」と先生に懇願し、起きたままの状態で検査をしてもらうことにしました。最近の検査は、(起きていると痛かったりするので)麻酔で眠っているあいだに済ましてしまうのが主流なんだそうです。でもそれはいやだったのです。もったいないじゃないか。

肩に腸の動きを弱めるクスリを筋肉注射し、検査台に寝転びます。30年間アナルNGを貫いて来たわたしですが、ついに解禁なのね…!などとドキドキしていると、「じゃあお薬とカメラ入れますねー」とアッサリ先生の指が尻に。

アッー!(早)

カメラが尻に入ると、すぐに、目の前にあるモニタに自分の腸内が写し出されました。これが腸!と感動しました。密集した白子(桃の断面にも見えた)にローションをかけてテラッテラにした感じの中をグイグイ進んで行くようでした。よく見ると腸壁にはたくさんの細い血管が通っていて、犬のお腹を見たときのような、薄くて危ないな、という印象を受けました。そして、この世界はいつか必ず写真にしたい、と思いました。

kusomiso02

カメラは、肛門になんかつっかえているような感じでした。思ったよりは痛くなかったのですが、先生が「ちょっと腸がひっぱられるような感じがしますよー」というときは、お腹の内側から固いものでゴリゴリやられているような感じがして、痛いというより不快でした。お腹に手をあててみると、カメラがボコボコしているのがわかって気持ち悪かったです。エロ漫画同人誌でよく女の子がサイズ以上のモノをつっこまれてお腹がボコボコしているシーンがありますが、あれってこういう感じなのかな…と思いました。

kusomiso03

検査がはじまって数分してから、先生に「むずかしい腸ですね」と言われました。え?むずかしいってどういうこと?と思っていると、検査をしてくださった先生の上司(?)と思しき別の先生に交代。その先生に「年齢のわりに、腸がとても長いですね。野菜ばかり召し上がっていますか」と言われました。話をまとめると、私は腸がとても長い挙げ句に変な風にねじれているらしく、検査をするのがむずかしいのだそうです。途中何回も「ねじれを直しますね」と言われました。腸のながい女、ユリ子。

結局、むずかしい腸のせいで検査は1時間以上もかかりました。普通の人は15分〜30分で終わるらしいです。ただ、腸の中は極めて綺麗だったようで、良かったです。ポリープもありませんでした!万歳。

新しい世界を見たり、創作のネタになりそうな刺激を受けたり、大腸内視鏡検査、いい経験でした。



img391

みんな大好き、無修正画像。

2013-2014

16
Filed under Kodak PORTRA 800, PENTAX 645

01

あけましておめでとうございます。
いつもこのようなブログをご覧下さり、本当にありがとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

74

2013年。
前半はいろいろな喪失続きで、正直「何やってたっけ?」という感じでしたが、後半は夢中で毎日を過ごしていたように思います。体力的にきついこともあったけれど、まったく辛くはなかったです。むしろ、やるべきことの沢山ある毎日が嬉しかったです。私は想像以上に写真が好きなんだなと思いました。

08

去年、強く感じたのは「全力を尽くして作ったものは、必ずどこかで誰かが見てくれている」ということです。雑誌でも、写真展でも、どこでも。頑張って作ったものは、不思議なくらい、どこかで誰かがそれを見つけてくれて、そしてその誰かが次の道へとつながるヒントを教えてくれるのです。そのお陰で、今まで見えなかった景色が、いま少しだけ見えつつあります。だから私は、2014年も安心して全力でがんばりたいと思います。とにかくモノをたくさん作ってみなさまにお見せしたい!

12

反対に、2013年は大きく体調を崩した一年でした。9月に入院したときは本当に焦りました。20代のときのように無理がきかなくなっているのだなと思いました。倒れると周りの方に超迷惑をかけてしまうので、今年は体調管理に気を配りまくっていきます。今年の初詣では、何よりも先に

健 康 で あ り ま す よ う に

とお願いしました。こんなことは30年生きてきて初めてです。歳だな。

29

2014年もがんばるー!

【お知らせ】慶應カードニュース

9
Filed under PENTAX 645, お知らせ

keiocard

慶應カードというクレジットカードの、ニュース(会報誌)の表紙を撮影させていただきました&ちょっとした思い出?を書かせていただきました。

慶應カードは、慶應義塾と株式会社慶應学術事業会及びクレジットカード会社が提携して発行しているクレジットカードです。慶應義塾は私が通っていた学校!わたくし大学生の頃はうっかり弁護士になりたいと思っていたのですが、バカなので当然のように挫折。その後、紆余曲折を経て、写真を撮る人に。そしてこの度、ご縁がありまして撮影をさせていただきました。こういった形で、母校に関わらせていただけるのはとても嬉しいです!次号以降も撮影をさせていただけるそうなので楽しみです。

最新号・バックナンバーはこちらからどなたでもご覧になれます。
http://www.keiocard.com/member/card_news/

慶應カードblogでご紹介いただきました。
http://www.keiocard.com/blog/2013/11291302.html


今回は、大学1・2年生が通う日吉キャンパスを撮影しました。
許可をいただいたので、ボツ写真をいくつか掲載いたします。

img021

大教室。ここで授業を受けていました。
私は法律学科だったのですが、なぜか歴史の授業ばかり履修していました。
ナウなヤングたちがたくさんいました。
なつかしいー。

img024

ここの階段は古くて好きでした。

img027

私が卒業してから竣工した建物。綺麗。いいなー。

img032

生物学の教室へ向かう廊下には、謎の生物の入った水槽がところ狭しと並んでいて(生物の先生が飼っているのか…?)、私はそれをひとつひとつ眺めるのが好きでした。その水槽たちはまだありました。ウーパールーパーもいた。微動だにしなかった。そういうものなの…?

img042

語学の教室。ホワイトボードに文字の痕。

img050

グラウンド。
中学も高校もなぜか大学のグラウンドで運動会をするのですが、とにかくボロくて、いやだなあと思っていた記憶があります。いまはすっかりと綺麗になっていました。いいな…。

img051

中に何があるかいまだにわからない建物。

img055

部室棟。ここは当時のまま。
私はずっと楽器をやっていたので、こういう風景を見るとホッとします。

10
Filed under Kodak PORTRA 800, PENTAX 645

img953

img870

img871


台風が来ていて、すごい雨です。
窓の外からびちびちびちびち音がします。

小さい頃から、不思議と雨の日が好きです。
油と雨水が混じって虹色になっている道路を見ると妙に嬉しくなります。


雨が降る日は「人間は遠い昔、水の中にいたんだろうなあ」と
進化について考えてしまいます。

わたし、顔だけは魚のままだけど…

浸蝕

6
Filed under Ektar100, PENTAX 645

img879


最愛の小説、江國香織さんの『ホリー・ガーデン』。
中でも特に好きなのは「考えない練習」という章です。

主人公の果歩は、簞笥の上のビスケットの缶の中に「過去」を隠しています。
彼女はいつも、その缶のことを考えない練習をしているのですが、
頑張れば頑張るほどその存在が忘れられなくなり、
結局……ふたを開けてしまうのです。

私も彼女と同じ、ビスケットの缶を持っています。
テープでぐるぐる巻きにして、簡単に開けられないようにして、
目につかない場所にしまってあります。

だけど、今日、うっかりと缶を開けてしまいました。

部屋の空気が端から過去に浸蝕されていくのを感じながら、
ああ、やっちまったぜ、という思いの中に
どこかほっとした思いも混じっていました。

もしかしたら、一生懸命「考えない練習」をするよりも
たまに「考える練習」をした方が
精神の健康にはいいのかもしれませんね……