Category Archives: Rolleiflex SL66E

コタツ

10
Filed under Kodak PORTRA 800, Rolleiflex SL66E

img332_YurikoOmura

img343_YurikoOmura

img340_YurikoOmura

※写真と本文は何の関係もありません。



実は、今年に入ってから、数えるほどしか自分のベッドで寝ていません。

ではどこで寝ているのかというと……コタツ。


最近、日中、撮影やら仕事でパワーを使いすぎているらしく、帰宅するとびっくりするくらいすぐに寝てしまうんです。寝る、というか気絶する、という表現が正しい気がします。

家に帰ってきて、荷物を置いて、「自室(かなり寒い)へ入る前に温まろう」と思いコタツにIN→そのまま寝る→気が付けば朝、というパターンをこの数ヶ月、延々と繰り返しています。



そうしたら、数日前。
仕事から帰るとダンナが鬼の形相で待ち構えているではありませんか。

ダ「貴様!」

ゆ「?」

ダ「これを見よ」(何かの紙を渡す)

ゆ「(電気代の請求書?)」

ダ「今月の電気代を読み上げてみよ」

ゆ「よ、よんまん……(白目)」

ダ「日中ほとんど家にいない大人2名が暮らす家で、電気代4万ってあり得ないだろ!聞いてみたら、知人の家はだいたい1万円前後だったし!すべては貴様が暖房とコタツを付けっぱなしにして毎晩毎晩のうのうと寝ていやがるから!このハゲ!!今後、一切コタツで寝るの、禁止!!!!!!!

以下略





今日からちゃんとベッドで寝る。

小春日和

2
Filed under Ektar100, Rolleiflex SL66E

img269_yurikoomura

img281_yurikoomura

img272_yurikoomura

img271_yurikoomura

img278_yurikoomura

img286_yurikoomura

迷わず行けよ、己の道を

6
Filed under Ektar100, Rolleiflex SL66E

img231

img235

img248

img258

img249

img260

img255

img265

冬の檻

2
Filed under Ektar100, Rolleiflex SL66E

img175

img177

img216

img185

img213

img220

img194

img222

冬の空気を持ち帰りたいと思いました。

【グロ注意】殺人鬼に想う

4
Filed under Kodak PORTRA 800, Rolleiflex SL66E

img372

少し前に、綾辻行人さんの『殺人鬼』という小説を読みました。
タイトル通り、サマーキャンプ中の一行が突然出現した殺人鬼に次々と殺されてゆく…というスプラッター・ホラーです。手足をぶった切ったり、目玉を抉りだしたりと、かなりグロ要素が強く綾辻作品の中では異色。ダンナが「ユリ子にぴったりだ!」と言ってお薦めしてくれたので読んでみた次第です。

そんな強烈な小説の中で、一番印象に残ったのはまさかの「あとがき」でした。

ことほどさようにヨワムシな――もとい、心優しき平和主義者である僕ですが、ミステリやホラーは大好きです(プロレスも好き)。ばたばたと人が殺される探偵小説や本書『殺人鬼』のような血みどろぐちゃぐちゃのスプラッター小説を平気で書いています。何故か。云わずもがなのことですが、現実世界における暴力とフィクションにおけるそれを、ある意味で決定的に次元の違う、異質なものとして捉えているからです。
――綾辻行人『殺人鬼』 新潮文庫、1996年、305頁.


ああ、本当にその通りだな、と。読み返すと人間として当たり前のことのようにも感じますが、今まで言葉にできなかった私の想いを、この綾辻さんのあとがきがズバリと表現してくれているように思いました。

img368

私もグロやホラーが大好きで、しかも時々こういった写真を撮ったりもするので、「人を傷つけたい願望でもあるのか」とか「犯罪者予備軍だ」などと言われることがあります。だけど、実際の私はそういったイメージとは正反対です。誰かを物理的に傷つけたいと思ったことは一度もありません。性格的にも優しい方です(わりと)。暴力的な表現を好む者すべてが暴力的な行為に走りがち、というのはちょっと違うと思うんです。まあ中にはそういう人もいるかもしれませんけど…。

img371

この件に関しては、綾辻さんがあとがきの最後に面白いことを書かれています。

暴力や恐怖や死の幻想を綴った素敵な小説や映画がもっともっとたくさん創られることによって、現実世界に偏在するそれらの全部がそこに吸収され、封印されてしまえばいいのに……と、これはしばしば捉われる僕の愚かな夢想であります。
――綾辻行人『殺人鬼』 新潮文庫、1996年、307頁.


私も微力ながら、それに加担出来たら良いなあ。

なんてことを考える、GWのおわり。