Category Archives: 写真のこと

谷中レトロカメラ店の謎日和

2
Filed under 写真のこと



今日の記事は仕事とはまったく関係ありません。

ゴールデンウィーク中、柊サナカさんの『谷中レトロカメラ店の謎日和』『谷中レトロカメラ店の謎日和 フィルム、時を止める魔法』(いずれも宝島社文庫)の2冊を読み終わりました。

こちらの小説は、東京・谷中にあるレトロカメラ専門店「今宮写真機店」を舞台に、店に持ち込まれるさまざまな謎を、三代目店主・今宮が鋭い観察力と推理力で解き明かしていく……という内容です。基本的に、今宮が、写真やカメラに明るくないアルバイトの来夏(ライカ)に対して語りかけるような形式で物語が進行していくので、知識のない方でも安心して読むことができます。

1話ごとに、必ずキーとなるレトロカメラが登場します。ニコンF やライカⅢf、マキナ67といった有名どころから、リコーオートハーフ、ハリネズミカメラ、ステレオグラフィックといった変わり種まで、幅広いラインナップとなっています。今宮がそれぞれのカメラのことを丁寧に解説してくれるので、実際にその機材を触っているような気分でカメラの仕組みと歴史を勉強することができます。

ただ、カメラうんぬんを抜きにしても、どんな人にも思わずすすめたくなるような、人間の温かさが伝わってくる素敵な小説です。謎解きあり、適度なドキドキあり、その緩急のついた展開に引き込まれ、気がついたら2冊読み終わっていました。2巻の最後はちょっとビックリしましたけど(笑)

個人的な感想を述べさせていただきますと、2010年まで中古カメラ店で、店長と二人三脚でお店に立っていた者としては、他人事とは思えないお話でした。ときどき来夏の視点と自分の視点が交差することがあって、「デジャブ」に近い感覚でした。読んでいて笑ってしまったのは、来夏が“店長の奥さんに間違えられる”ところです。これ本当によーくあるんです。わたしもたぶん200回くらいは間違えられました。

「人にもカメラにも、それぞれの歴史と謎がある」と帯に書いてありますが、実際お店で働いていたとき、(小説ほどではないですが)その通りだなあと思う出来事がたくさんありました。

わたしが最初に買った中判カメラ・ローライコード4には「Michel」(誰)という名前が彫ってありました。疑問に思って店長にきいてみたところ「海外では、カメラに自分の名前を掘る習慣があるんだよ」と教えてもらいました。そうか、以前は外国の方が所有していたんだな……どこの国で、どんな人たちと過ごしてきたんだろうな、と、そのカメラの歴史に思いを馳せてみたりしていました。

あとは、カメラにモノクロフィルムが入ったままになっていたこともありました。興味があり現像してみたところ、尋常ではなく上手な外国人女性のポートレートが写っていて「前の持ち主すげEEEEE」と驚愕したこともありました。

さらに、キエフ60の裏蓋が見たこともない形に改造されていて、(ご近所のアカサカカメラさんにも手伝ってもらって)みんなで知恵を絞って開けたこともありました。プチ謎解き。あれは総力戦だったなあ。

……ついつい長くなってしまいました。

『谷中レトロカメラ店の謎日和』と『谷中レトロカメラ店の謎日和 フィルム、時を止める魔法』を読んで、自分が「写真好き」であることを再確認し、お店をやめて7年経ったいまでも、写真の仕事を続けられていることに幸せを感じました。

出合えてよかったなあと思える小説です。みなさまもぜひ。

続編が楽しみ。

谷中レトロカメラ店の謎日和
https://www.amazon.co.jp/dp/4800245613/ref=cm_sw_r_tw_dp_x_jL8ezbZ3S4JPG

谷中レトロカメラ店の謎日和 フィルム、時を止める魔法
https://www.amazon.co.jp/dp/4800261538/ref=cm_sw_r_tw_dp_x_CH9ezb478GC5M




※余談ですが、先日、日暮里に新しくオープンした「三葉堂寫眞機店」を取材させていただいたのですが、このお店はまさしく「谷中レトロカメラ店」じゃないか!と驚いているところです。偶然ってすごい。記事はこちら(http://camerafan.jp/cc.php?i=566

※さらに余談ですが、作中、店主の今宮は冴えない男みたいな扱いになっていますが、わたし的には超イケメンの部類です。文系知的男子最高DAZE……!!あの手この手を使ってでも付き合いたい、などと考えていました。来夏ちゃん、もうちょっとがんばってよ!(ババアの戯言)

2017

2
Filed under 写真のこと



あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

年越しはブツ撮りしてフィルムをスキャンして原稿を書いていました。そしていまも原稿を書いています……。年末年始こんなに仕事をしているのは初めてです。だけど、わたしは写真が大好きなのでこの状況はとても幸せです。ありがたやありがたや。

さて。2017年。

前回も「アシスタントは、1年目に意味がわかって、2年目に慣れて、3年目に実技」というボスの言葉を書きましたが、今年のわたしは2年目、「慣れる」年です。

「慣れる」というのは一番危ない時期でもあります。いろいろな面で最低限のことができるようになったいま、手を抜こうと思えばいくらでも手を抜けるし調子にも乗れるように思うんです。

でも、ここで手を抜けば写真人生を一生棒に振ることになるんだろうな……と直感的に感じ取っております。手を抜いた写真や仕事って、びっくりするくらい人に伝わってしまうんですよね……。

ということで、今年は「とにかく自分に厳しく」することを目標にします。そうすればきっとダラダラすることはないかなと。2年目を堅実に過ごして、しっかりと自分だけのコンテンツを溜めて、うまく3年目に繋げたいです。3年目以降の展開は逆に見えているので、いまが正念場。

仕事面では、どんなに小さな作例でも手を抜かず、レビュー記事用の写真も写真集をつくるくらいの気合いで撮りたいと思います。DRIVE RECORDERもpholicも、自分の納得できない写真は絶対に出しません。やりすぎだというくらいやりたいです。たぶんそのくらいでちょうどいい。

あと、今年は撮影の練習も「月1回」と決めてやっていきたいです。昨年は自分のできないことがよくわかったので、できないことだけを練習したいです。劣悪な環境下でも最高のパフォーマンスを発揮できるようになりたいです。

アシスタント面では、最初の頃からやっている、ボスのライティングや、自分のできなかったことを書くノートを、もう一度しっかりとつけていきたいと思います。

人生、なにひとつ成し遂げたと言えるものがないけれど、写真だけはそう言えるものになるかもしれないし、そうしたいので、2017年も頑張りたいと思います。

「アシスタント業務やカメラマンとしての仕事がきちんとできるようになれば、ゆり茶は負けない」というボスのお言葉を信じて今年も進みます。負けない私になりたい。

2016

0
Filed under 写真のこと

201612

ボスはよく「アシスタントは、1年目に意味がわかって、2年目に慣れて、3年目に実技」と言います。

2015年の9月にいまの会社へ入社したわたしは、まさに今年が1年目。「意味がわかる」とは何だろう、とずっと考えていました。

2016年はとにかく動いて動いて動きまくった一年でした。

入社したときに「うちの一年はよその3倍の濃度だよ」と言われていたのですが、本当にその通りでした。ボスである福島裕二さんはわたしが知りうる人の中で間違いなく一番働いています。カメラマンとはこんなに仕事があるものなのかと驚きました。最初の頃は機材(←カメラリュックがすでにわたしの体重と同じくらいの重さ)ひとつ持ち上げられず、体力もついていかず、自分の気の利かなさに死にたさが募るばかりで「この先、大丈夫なんだろうか……」と不安しかありませんでした。でも「とにかくやるしかない。わたしには後がない」と思って、自分のできないことや気をつけるべきことをノートに書き出して毎日眺めたり、エレベーターのないスタジオで、自分なりの制限時間を設けて一心不乱に走って機材を運んだり、ポンコツはポンコツなりに、せめて一生懸命やることだけは忘れないでいよう、という気持ちで毎日現場に出るようにしていました。

2016年の後半は何度か海外ロケにも連れて行っていただいたのですが……自分の中で「今年大変だったことベスト1」を選ぶなら間違いなくこの海外ロケを選びます。海外ロケは普段のロケとは違った意味で戦争です。長期にわたるロケ、暑さで吹き出す汗、(諸事情により)慣れない機材、襲いくるスコール、広大すぎるロケーション、予期せぬアクシデント、データ管理、機材整備、他のスタッフさんとの関係性……気にすべきことがいつもの何倍もあって、体力面でもギリギリで、いつまで経ってもわたし役に立ってないな〜としか思えなくて、毎回帰って来るたびにハァ〜と落ち込みます。いつも冷静に、的確にあらゆることを処理していくボスは本当にすごいなと思うばかりです。

そんな日々を過ごしていく中で「もっと頑張らないとダメだ」と思うことがどんどん出てきて、2016年の後半は、まわりの人々だけがグイグイ先に進んでいって、自分だけが前に進めず取り残されている気持ちになってしまって、暗闇の中、日々悶々としていました。

「意味がわかる」とは何だろうか。

ずっと考えていたけど、よくわかりませんでした。

でも。

2016年終盤、1年ぶりに一緒に撮影の仕事をした人がいたのですが、その人がわたしをみて「祐里子さん、1年前とは別人だね。前はアマチュア上がりのネーチャンって感じだったけど、いまは違う。動きも撮影も顔つきも、何もかも別人だね」とおっしゃってくださいました。そして、他のスタッフさんも「祐里子さん……体が自然と動くんですね」とおっしゃってくださって。

わたしはいつもと同じようにしていただけなんです。前と何かが違うという実感なんてありませんでした。でも、そのとき、

「あ、わかった。」

と思いました。

うまく言葉にはできません。

きっと、アシスタントをする意味というのは、そういうことなんですね。

最後にわかってよかった。

この一年ずっと、自分が成長できているのかまったくわからなくて辛かったです。だけど、おそらく、間違った方には行ってない。そう思えました。

わたしの2016年はそんな感じです。

今年お世話になった皆様、本当にありがとうございました。2017年もどうぞよろしくお願いいたします。

来年の抱負についてはまた年明けに。

【お知らせ】ライブ用写真掲載しました

6
Filed under 写真のこと

今日はこの記事を含めて、3記事をアップしています。
2/5に行われた、OTOZAK PIANO SOLO LIVE 2011にて使って頂いた写真を掲載いたしました。使用したもの全てでは有りませんが、よろしければご覧下さい。

Good night,Sweet Dreamsの写真はこちら

Q.E.D.の写真はこちら

このような機会を与えてくださったOTOZAKのモリタさん、ありがとうございました。
協力して下さったモデルさんにも感謝を。

ホルガたん

2
Filed under カメラ小物, 写真のこと

Canon EOS 40D

Canon EOS 40D



ホルガの120を買いました!わーいわーい(・∀・)
ガラスレンズにしました。
これからたくさん使おうと思います。

この頃カメラちゃんたちが増えてきたので、
写真を撮りに行く時はどのカメラを使おうか迷うようになってきました。
一夫多妻制に生きる夫の気持ちです。

最近、自分の写真のワンパターンぶりに嫌気がさしてきたので
いろいろと新しいことにチャレンジしようと思っています。