Category Archives: Kodak PORTRA 800

コタツ

10
Filed under Kodak PORTRA 800, Rolleiflex SL66E

img332_YurikoOmura

img343_YurikoOmura

img340_YurikoOmura

※写真と本文は何の関係もありません。



実は、今年に入ってから、数えるほどしか自分のベッドで寝ていません。

ではどこで寝ているのかというと……コタツ。


最近、日中、撮影やら仕事でパワーを使いすぎているらしく、帰宅するとびっくりするくらいすぐに寝てしまうんです。寝る、というか気絶する、という表現が正しい気がします。

家に帰ってきて、荷物を置いて、「自室(かなり寒い)へ入る前に温まろう」と思いコタツにIN→そのまま寝る→気が付けば朝、というパターンをこの数ヶ月、延々と繰り返しています。



そうしたら、数日前。
仕事から帰るとダンナが鬼の形相で待ち構えているではありませんか。

ダ「貴様!」

ゆ「?」

ダ「これを見よ」(何かの紙を渡す)

ゆ「(電気代の請求書?)」

ダ「今月の電気代を読み上げてみよ」

ゆ「よ、よんまん……(白目)」

ダ「日中ほとんど家にいない大人2名が暮らす家で、電気代4万ってあり得ないだろ!聞いてみたら、知人の家はだいたい1万円前後だったし!すべては貴様が暖房とコタツを付けっぱなしにして毎晩毎晩のうのうと寝ていやがるから!このハゲ!!今後、一切コタツで寝るの、禁止!!!!!!!

以下略





今日からちゃんとベッドで寝る。

9月

6
Filed under Kodak PORTRA 800, Rolleiflex

img081

img063

img069

img068

img072

img073

img087

img085

img089

夏もそろそろ終わりなんだなあと思いました。

頭の中の本棚

2
Filed under Kodak PORTRA 800, Rolleiflex

img024

お盆休みは、読みたい本を読みたいだけ読む時間、としました。

私の創作の源は「小説」です。
本を読んでいるときは必ず横にノートを置いておき、自分が思ったり感じたりしたことを、どんなに酷くて汚いことであっても、ひたすら正直に書き留めます。そして、自分が一体どういう人間であるのかを確認します。そうしているうちに「自分はこういうものが好きだった」→「こういうことをやりたい」→「こういう写真を撮りたい」と、だんだん”写真で何かを表現したいモード”になっていきます。この一連の流れが私の創作活動において超重要なのです。今までの写真集はだいたいノートに書き留められた言葉から生まれています。

img026

ただ、ここのところはまとまった時間がとれなかったせいもあり、とても久しぶりに自分の心と向き合ったように思いました。もはや誰にも見せられないような言葉の並んだノートを眺めて、ああ、やっぱり私ってクソだなと思いつつも、好きなものがブレない自分に安心したり。11月に2つ写真展を予定していますが、その端緒となるようなアイデアも浮かびました。良かったぜい。

img032

やはり、たまにはこういう時間をとることが必要だなあと実感。

よくみる夢

21
Filed under Kodak PORTRA 800, Rolleiflex

img647

中学生の頃からいままでずっと、定期的に見ている「夢」があります。
あ、今回の「夢」というのは寝ている間にみるアレです。

ズバリその内容とは「死刑宣告をされる夢」です。
ドリーミィのかけらもなくてすみません。

実は20年ちかく、1ヶ月に1回くらいは「死刑宣告をされる夢」をみているんですよ。
昨晩も。しかも起きたら涙をボロボロ流している自分がいて、超絶びっくりしました。

私のみる夢には特徴があります。
死刑宣告と言っても、宣告と執行の瞬間は絶対に夢にみないんです。必ず「死刑を宣告されてしまったので、最後お別れを言いたい人に会いにいく」という、死刑宣告から執行までの「過程」の話なんです。お別れを言いに行く人は時期によって違います(家族であることが多い)。昨晩は両親とダンナでした。「なんで死ななきゃいけないの。もう会えなくなるなんていやだ」と深く悲しむ気持ちがいつも印象的です。

私はどちらかというと人との出会いや別れにそこまで一喜一憂しないタイプなので、こうやって振り返りながら書いてみるとそんなに悲しくないのですが、夢をみている最中はあり得ないくらいに悲しいんですよね。起きた瞬間に涙を流していることがあるくらいですから…。FUSHIGI…。

あまりに長いあいだ同じような夢を見続けているので、さすがに心配になって「夢判断 死刑宣告」でググってみたところ、「死刑を宣告されるのは、コンプレックスや弱点が克服できる。問題の解決。」「重圧やトラブルからの解放。穏やかな発展運に包まれる」といった言葉を発見しました。

これを信じるならば、20年近くコンプレックスや弱点や重圧やトラブルを解決できていない、という結論に…。たしかにそういったものには弱い人間ですが…。

ただ、私の場合は、死刑宣告から執行までの「過程」に重点がおかれている夢なので、さきほどの夢判断のケースとは少し違う気がします。

この夢にはどういった深層心理が関係しているのでしょう。
知りたい!20年越しの疑問。
もし夢判断にお詳しい方がいらっしゃいましたら教えて下さい。

img646

今日は死刑宣告されませんように〜

ただしカメラは尻から入る

34
Filed under Kodak PORTRA 800, PENTAX 645

img150

※今日の記事は全体的に汚いのでご注意下さい。

わたしは昨年9月に上行結腸憩室炎という大腸の病気で入院しました。そのとき「炎症がおさまったら、念のため大腸内視鏡検査をやりましょう」とお医者様に言われました。そして本日!その大腸内視鏡検査なるものを体験してきましたので、まったく需要がないと知りながらもその様子を書き残したいと思います。

ちなみに、大腸内視鏡検査とは…
一言でいうと、尻から小型カメラを入れて腸の中をみる検査です。
いやな予感しかしない。


<検査前日>

写真

検査に支障をきたさないよう、消化のよいものしか食べられません。病院からもらった検査用の食事のわびしさは尋常じゃない。食事というか、飲み物だし。空腹だった。あと、お風呂にはいったとき、念のためシリ毛を処理しました。要求されてないけど一応。おとなの配慮。


<検査当日・朝>

写真 (1)

腸の中をすっからかんにするため、朝8時から2時間かけて「下剤を2リットル飲む」というイベントが待っています。わたしは普段ほとんど水を飲まない人間なので、大変につらかったです。しかも途中で、この下剤の味が「精子の味に激似である」ということに気が付いてしまい、余計に飲むのがつらくなりました。害はなさそうなんだけど妙にぬるくてオエッとなる感じが似ていると思いました。すいません。

下剤を飲み始めて1時間半くらいした頃、急激に便意が襲ってきました。その後は出るわ出るわ。「クスリってすごい…」と感激しました。最後の方は水的なものが勢い良く出すぎるので「わたし、いま、蛇口みたい!」と不覚にもウキウキしてしまいました。

下剤イベントを体験してみて、身体の中のものをすべて出し切るという感覚は悪くない、むしろ気持ちがいい、と思いました。いままで浣腸モノのAVに出演する人はどういう気持ちなんだろうと思っていましたが、今回その理由が少しわかりました。人はこうやって少しずつスカトロ道へ進んで行くのかしら…。

kusomiso01


<検査本番>

便意がおさまったころ、病院へ。尻のところに穴があいた紙パンツに履き替え、いよいよ検査開始です。わたしはどうしてもモニタに写る自分の腸をリアルタイムで見たかったので「眠らせないでください」と先生に懇願し、起きたままの状態で検査をしてもらうことにしました。最近の検査は、(起きていると痛かったりするので)麻酔で眠っているあいだに済ましてしまうのが主流なんだそうです。でもそれはいやだったのです。もったいないじゃないか。

肩に腸の動きを弱めるクスリを筋肉注射し、検査台に寝転びます。30年間アナルNGを貫いて来たわたしですが、ついに解禁なのね…!などとドキドキしていると、「じゃあお薬とカメラ入れますねー」とアッサリ先生の指が尻に。

アッー!(早)

カメラが尻に入ると、すぐに、目の前にあるモニタに自分の腸内が写し出されました。これが腸!と感動しました。密集した白子(桃の断面にも見えた)にローションをかけてテラッテラにした感じの中をグイグイ進んで行くようでした。よく見ると腸壁にはたくさんの細い血管が通っていて、犬のお腹を見たときのような、薄くて危ないな、という印象を受けました。そして、この世界はいつか必ず写真にしたい、と思いました。

kusomiso02

カメラは、肛門になんかつっかえているような感じでした。思ったよりは痛くなかったのですが、先生が「ちょっと腸がひっぱられるような感じがしますよー」というときは、お腹の内側から固いものでゴリゴリやられているような感じがして、痛いというより不快でした。お腹に手をあててみると、カメラがボコボコしているのがわかって気持ち悪かったです。エロ漫画同人誌でよく女の子がサイズ以上のモノをつっこまれてお腹がボコボコしているシーンがありますが、あれってこういう感じなのかな…と思いました。

kusomiso03

検査がはじまって数分してから、先生に「むずかしい腸ですね」と言われました。え?むずかしいってどういうこと?と思っていると、検査をしてくださった先生の上司(?)と思しき別の先生に交代。その先生に「年齢のわりに、腸がとても長いですね。野菜ばかり召し上がっていますか」と言われました。話をまとめると、私は腸がとても長い挙げ句に変な風にねじれているらしく、検査をするのがむずかしいのだそうです。途中何回も「ねじれを直しますね」と言われました。腸のながい女、ユリ子。

結局、むずかしい腸のせいで検査は1時間以上もかかりました。普通の人は15分〜30分で終わるらしいです。ただ、腸の中は極めて綺麗だったようで、良かったです。ポリープもありませんでした!万歳。

新しい世界を見たり、創作のネタになりそうな刺激を受けたり、大腸内視鏡検査、いい経験でした。



img391

みんな大好き、無修正画像。